TOP[おいしい給食ができるまで]:公益財団法人春日井市食育推進給食会

TOP[おいしい給食ができるまで]

献立ができるまで

給食の献立は献立目標に沿って、
栄養価、食品構成等を考慮して決めています。
献立は、市教育委員会所属の栄養教諭、学校栄養職員、食育推進給食会の職員で構成される献立委員会で決定しますが、学校給食主任者会において小・中学校の給食担当の先生方とともに各月の献立内容を検討しています。
また、学校栄養職員等による新献立発表会を開催し新しい献立の研究や、学期に1回セレクト給食を実施したり、児童生徒から募集した応募献立を毎月取り入れて、献立の工夫をしています。

物資の選定

献立が決定すると、物資選定委員会で給食物資を決定します。
調理に使う材料は「安全、味、価格」を基準に総合的に判断して決めています。

材料の納品と検収

ごはん、パン、めん類などの主食や牛乳等は学校へ直接納品されますが、 副食等の材料は各調理場へ納品されます。
納品された食材は、品質が良いか、異物はないか、数量は足りているか、チェック(検収)をされます。
各調理場では、栄養教諭や学校栄養職員の指導のもとに調理員が調理します。
それでは、調理の過程を見ていきましょう。


下処理


3槽のシンクで野菜を洗います。
床を濡らさないように気をつけていますよ。

野菜を切る機械(スライサー)に通しやすくするように、包丁で先に小さくしておきます。

野菜を切っているところです。



調理


肉を炒めています。

野菜が入りました。


揚げ物


コロッケなどの揚げ物はフライヤーで揚げます。

揚げ上がったコロッケは温度(75℃・1分以上)を確認して、クラスごとに数えてフライ缶の中に入れます。


配缶


食缶を汚さないようにていねいに配缶します。

配送




調理された給食は、市から委託を受けた配送業者が各小中学校の配膳室へ届けます。
配送車は1場あたり5台で計20台を使用してます。

学校


給食が入ったコンテナが学校に到着しました。

クラスごとに配膳します。

いただきます


    撮影協力:岩成台小学校
広告掲載について広告掲載について広告掲載について広告掲載について
広告募集について